青い森のねぷたいブログ

青い森です。東京の某所で教職についています。教職に関することを主につぶやいていきます。

いつもの通り相撲の話

 千代大海が飛びました。全盛期の力がない証拠です。第一相撲はすり足が基本なのに、何ですか?あのアクロバティックな相撲は。完全に垣添に押し負けてるじゃん。
 でも、今日の千代大海は面白かったです。これからもああいう小細工使いまくりの面白い相撲をみたいものです。
 というか、今日4日目になって初めて大相撲を見た。遅せえ。


 あと、福岡の人さあ、もっと大相撲に関心持とうよ。なんだ、あの升席の空席具合は。全盛期(僕が小学校の頃、若貴オアフ島勢がいた頃)でいえば、十両か幕下上位五番あたりの人の入りじゃん。そんなもんだから、総合テレビも気を使ってか、若干土俵アップで写すし。まあ、高いからね。しょうがない。


 それから、正面の解説とか向上面の解説の親方たちが、だんだん僕も現役の時の相撲をリアルタイムで見た人たちがなっているっていうのは悲しい事実だね。今日はちなみに貴ノ浪和歌乃山。かれこれもう15年ぐらい相撲見てるからね。千代の富士貴花田に負けて引退するあたりからだと思う。それから、北勝海大乃国、で、横綱が出なくていつも結びが小錦ー霧島の時代、それから、曙、若貴武蔵丸貴ノ浪、で、今が朝青龍…。


 ちなみに琴欧州なんて、彼が幕下でスポーツ誌に取り上げられた辺りから注目してるからね。だから、彼の強さは今に始まったことじゃなし。同時に稀勢の里もいたし。


 悲しき哉、相撲の話が出来る人は青森県津軽人ぐらいしかいないっすよ。