青い森のねぷたいブログ

青い森です。東京の某所で教職についています。教職に関することを主につぶやいていきます。

授業をしていて思ったこと

 昨日、中1の先生がお休みだったので、急遽歴史の授業をしてくれと言われた。

 テーマは「推古朝の政治」。授業をすることになったのは授業の1時間前。プリントをもらったのは10分前というからすごい。

 で、それで授業をしちゃう自分も自分なのだがw

 

 一応MQ(主発問)としては、「聖徳太子が冠位十二階や十七条憲法を定めたのはなぜか」という問題。

 授業の流れとしては、

 ・聖徳太子って知ってる?

  (聖徳太子って言わないよね、とか、その根拠として肖像画に描かれている笏はこの当時ないよね、とかそんな話をしつつ)

 ・聖徳太子で有名な単語って何?

 ・冠位十二階ってどんなもの? 

 ・十七条憲法って今の日本国憲法と同じかな?

 ・十七条憲法って改めてどんな内容のもの?

 このぐらいを導入にして、MQを提示。(少し考えてもらう)

 生徒の意見

 ・役人としての心構えを示すため。

(でも、なぜわざわざ役人にする必要があったの?と問いかけながら・・・)

 ・(教科書をふまえつつ)反対する勢力がいたから。

 ・反対する勢力を従えるため。

(当時、反対する勢力とはどんな勢力?と聞きながら、聖徳太子が政治をする前は、豪族たちが政治をしていたよね、と確認)

(でも、豪族たちがそれぞれ存在していてもいいんじゃないの?なぜそれがダメなの?といいながら)

 ・中国の真似をしたかったから

(中国の話題が出てきたので、おっ、いいねと言いながら)

 ・中国の文化や政治制度を導入したかったから

  (ここで遣隋使や小野妹子の話をする。妹子は男です、とか、子は尊称だよ、とか。ある生徒は、「孔子孟子もそれと同じってこと?」と反応していた)

 ・中国に認めてもらいたかったから

 (ここから、当時の中国に強大な国ができたよね、という話をして隋の話題を出し、隋が強大な中国を統一したという事は倭国にとってどういう可能性があった?と質問をする)

 ・日本が中国にとられてしまう可能性。

 (すでに朝鮮半島では伽耶が滅亡したと書いてあるよね、と話をしつつ)

 

 などとやりとりをして、最終的にはプリントの穴埋めをしつつ、なんとな~く、「強大な隋に侵略されないために、倭国は隋と同じような制度をもった国ですよ、というのを示したかったから」という答えを導き出す授業をしました。

 

 

 さすがは進学校の中1。そういうのが得意だったり、知ってたりする生徒の発言を中心にポンポンと授業が展開しました。

 ただ一方で、こうした授業は出来る人の発言がメインになってしまいがちだというデメリットがあり、そもそも苦手としていたり、興味を持っていない生徒もいたように感じました。

 こうした「ニセ探求主義」の授業は、得意な生徒にとっては理解が深まるけど、そうではない人をおいていってしまうリスクもある。自分的にはうまくはまったけど、理解しきれていない生徒へのケアもしないとダメだろうな、と感じました。