青い森のねぷたいブログ

青い森です。東京の某所で教職についています。教職に関することを主につぶやいていきます。

5月に買った本③

  ここ数日で2冊の教育に関する本を買った。

  一つは、元麹町中学校校長の工藤勇一先生の本

 

 もう一つは、教師教育やセルフスタディ研究で有名な武田信子先生の本である。

 

 この2冊の本、アプローチは違えど、主張していることは共通しているように感じた。以下、自分の読んだ感想であることをご承知の上で読んでいただきたい。

 

 

 この2冊の本に共通していること、それは現在の社会情勢によって、子どもが「自律」(自分で考えること)がなおざりとなっている。それは、武田先生の言葉を借りれば、教育のマルトリートメント、より具体的に言えば、大人が子どもに対して教育を「しすぎている」ことにあるという。

 

 武田先生の本では、それを社会的背景から説明している。すなわち、社会的格差が進行していく中で、子どもには「成功していてほしい」と塾に行かせ、いわゆる「偏差値の高い」学校に入学させるために投資をしていること、その結果、子どもの自主性や自律性が失われ、「子どもたちをブロイラーのように商品化する」ような現象が起きているという。

 

 

 また、工藤先生の本の中では、脳科学の知見から、子どもが安心できる環境を作ること、失敗を許容できる環境を作ること、子どものメタ認知能力を鍛えること(具体的には、子どもに「反省」させないこと)などが重要であると指摘されている。

 

 

 武田先生はどちらかといえば、外的要因(社会的要因)の立場から現在の子どもがおかれている教育の問題を示しており、工藤先生はどちらかといえば学校内で具体的にできること、の立場から子どもへのアプローチの仕方を示している。

 

 

 しかし、どちらにも、「子どもにも人権があり、自分で意思決定する権利があり、そうした子どもなりの意思決定を大人は見守ることが重要である」という主張は共通しているように感じた。いわゆる「子どもらしさ」をもっと見直そう、という議論である。

 

 

 確かに、今の子どもは変に大人びているし、達観しているし、成績を人一倍気にするし、自分の立ち位置をすごく気にする。でもそれは、子どもというよりは、それを照射する大人側の課題がそのまま子どもに反映されていると考えるべきであると思う。

 

 

 これは2000年代以降、進められてきた教育の資本主義化、自由主義的改革、結果至上主義的改革の効果が色濃く出ているんだろうな、と感じる。

 だからこそ、そこに気づいている二人の先生が、図らずも異なるアプローチで、もっと「子どもの意思決定」を見直していこうよ、と主張しているように感じている。

 

 

 

 とはいえ、子どもを「見守る」ってすごく難しい。こちら側が手を差し伸べた方が楽なことはいっぱいある。それでも今は、「見守る」ということ、子どもに自分の行動を意思決定させるアプローチが重要であると思う。(この方法は、工藤先生の本を読むと具体的に書いてあります)

 

 

 自分も今年から担任になったし、この本の内容を肝に銘じて、子どもたちに意思決定をさせること、それを「見守る」ことを意識していきたいと思っている。幸い、入学式や最初のオリエンテーションで、担任している生徒たちが、自分の「言葉」や「意思」をしっかり持っている人たちだなあ、ということは感じているので、担任としては安心してそれができている。あとは、こちらが間接的にでも、思っていることや考えていることを、文字にして表出しながら、受け止め方は彼らに任せながら、一年間やっていこうと思っている。そして、それを基礎にして三年間過ごしてほしいな、と思っている。

 

 

 

 いずれにしても、2021年現在の教育的課題をふまえ、社会的にできること(武田先生)、学校現場で心がけること(工藤先生)、を書いているので、ぜひとも読んでみてほしいです。

5月に買った本②

 

なぜ歴史を学ぶのか

なぜ歴史を学ぶのか

 

  歴史学の立場から、「歴史」にいかにアプローチできるかを叙述しているもの。歴史は解釈であるからこそ、フェイクニュースの叙述も「歴史」なんだよね。そうした「歴史」に対して、学問の立場から論じたものになっています。

 

  まだ読み途中ですが、現在の公民教育では「政治的中立性」が課題となっていますが、そうした中立性の議論においては、教師の意見を表明することが重要になっている、そんなことを指摘しています。教師が「中立である」「多様な価値観を示す」ことは、現状の肯定でよい、ということを価値観として暗に教えることにもつながるわけで。

 これから公共も始まりますが、教師のポジションをいかに示すかが重要ですね。

5月に買った本

 

  ケーキの切れない非行少年たちの第2弾。日本では「頑張れば報われる」、「頑張れば応援する」ということがよく言われるけど、世の中には「どうしても頑張れない人たち」が一定数いるということ、頑張り方を知らない人たちがいるということを紹介している。

 特に第4章のやる気を奪う言葉と間違った方法は、昨今の教育現場にも、子育てにも通じる言葉かけの方法が載っています。例えば「もっと勉強しなさい」、「でもな・・・」と本人の言葉をさえぎる、「もっとできるはずだ」「だから言った通りでしょ」「どうしていつもあなたは・・・」など、頑張り方を学んでいない人にとって、自分の経験からの過度な言葉かけは逆効果になることが指摘されている。

 この本を読んでいると、頑張り方を知らない人に対して、自尊心を育て、本人が社会で生活できるようになるって、本当に難しいな、と感じます。でも、自分の職業柄、そうしたことにも向き合っていかないといけないな、と改めて感じます。

4月になりました

 今年度異動となりまして、再び高等学校へ戻っております。

 そして、6年ぶりの担任、高校の担任となると前の前の学校以来なのですが、ものすごく楽しくやれております。

 そして、土曜授業が隔週、しかも部活は副顧問なので、土日が連休とかマジで神っています。ありがたい。

 今までのご褒美だと思って、とはいえ油断せずに授業づくりをしていきたいと思います。

 

[think] 「文脈に寄り添う」ということ

 先日、とある仕事でとある有名なプロデューサーにインタビューする機会を得ました。個人的にはその人のファンだったので、充実したインタビューをすることができました。

 その時に話になったのが、プロデュースをするときにこだわっていることは何ですか、という質問に対する答え。

 その時に言っていたキーワードが、「その人の文脈に寄り添う」ということでした。

 特に「文脈」という言葉は、教育においても重要で、やっぱり人を育てる仕事で大成している人って、「文脈」という言葉を使うんだなあ、と感じました。

 近年、教育学研究においても「社会文化的アプローチ」とか、「社会的文脈によりそった教育」ということがクローズアップされています。これは、本当に簡単な言葉でいってしまえば、教えるべき内容が決まっていても、そこの地域、そこに通っている子どもによって、その内容がうまくいくか/いかないか、は全く異なるということ。いわゆる「しんどい」学校と「しんどくない」学校では、同じことを教えるにしても、アプローチや目標を変えていかなければならないということです。

 これは特に、親が外国にルーツを持っているなど、文化経験が共有されない子どもが、日本という教育システムの中で学ぶ時、例えば言語の壁などによって、可視化されてくる現象だと思います。

 これまでの教育学は、どちらかといえば「教えるべき普遍的な目標・内容」があり、それを現場でいかに反映させるかという演繹的アプローチをとってきたかと思いますが、近年では「教育現象の中からキーワードを拾い上げ、暫定的な普遍化を目指す」帰納法的アプローチが主流となりつつあります。(詳細は、「協働・対話による社会科授業の創造」を参照)

 

 そういう意味で、教育においてはある意味「当たり前」に行っている、学校の実態、子どもの実態に合わせた教育というのが、人間育成においても同じなんだな、と思い、共感していました。

 でも、「文脈によりそう」って、言うのは簡単だけど、実践するのはすごく難しい。特に「ブラック」と揶揄され、人手不足になっている現場だとなおさら難しいと思います。

 それでもやはり、「子どもの話を聞いて、その子が何をしたいのかをていねいに理解する」ことが大切で、そのプロデューサーもこれをプロデュースする時にこだわっているとのことでした。その上で、「何ができるのか」を考え、プロデュースするのだそうです。やっぱすごいなあ、と思いました。

 

 後、そのプロデューサーが言っていたのは、

 

 「学校って、好きなことを我慢する場所だよね」

 

 と。

 

 「だから、もっと好きなことを言葉にしていいんだよ。そういうことを意識してます」

 

 と。

 

 確かに、学校ってクラスで、とか、みんなで行動するから、どうしても「我慢」を強いる場所だよなあ、と。

 あとは、「言葉を正直にぶつけること」の大切さ、も言っていましたね。信念、というものに近いんじゃないかな、と思います。

 

 確かに信念があって、その信念(思い)に言葉がのると、子どもに伝わるよなあ、と。

 

 

 やはり一流の人は違うなあ、と感じました。

 

 

 ちなみにその後、教育の話にもなり、将来的には学校を作りたいんだそうです。何かインタビューしていてお手伝いできたら、と思ってしまいました。

3月に買った本②

 

  バートンとレヴィスティックの「Doing History」の抄訳本。すでに「コモングッドのための歴史教育」が翻訳されていますが、その趣旨がこの本にも生かされています。

 バートンとレヴィスティックのポイントは、「何のために歴史を学ぶのか」(aim talk)の重要性である。その答えは、細かな知識の羅列ではなく、歴史学的手法を学ぶことでもなく、「多元的民主主義の実現のために」歴史を学ぶことが重要であると指摘します。

 その上で、過去に対しては「アイデンティティ」「価値判断」「分析探究」「情報発信」という過去に対する4つのスタンス(心構え)にがあることも述べます。

 さらにこの本では、「三つのキーとなる問い」(人間と環境、他の人間との相互作用、人間と考え)、「七つのキーとなるテーマ」(人口、経済、権力関係の変化、富の偏在、自己表現、科学技術と環境、精神生活と道徳)が示されており、この辺りも参考になるのではないか、と思います。

 具体的な実践部分にフィーチャーした抄訳本であるということを理解しつつも、それでも「Doing History」として、歴史は「何のために学ぶのか」を、教える側も、生徒自身も、常に考えていけるような、そんな授業にしたいところです。

 

 

 

 

アクティブ・ラーニング実践集 地理

アクティブ・ラーニング実践集 地理

  • 発売日: 2021/03/30
  • メディア: 単行本
 

  これから読みます。

 

アクティブ・ラーニング実践集 近代・現代

アクティブ・ラーニング実践集 近代・現代

  • 発売日: 2021/03/30
  • メディア: 単行本
 

  「歴史総合」がどんなものなのか、は教科書が出ていないのではっきりしていません。しかし、指導要領は示されているので、「きっとこんなかな?」という形で、具体的実践例が示されているのが、上の本です。

 基本的には、アクティブ・ラーニングが推奨されていた頃に行われていた、KP法や「学び合い」が母体となってはいますが、今回は、「単元を貫く問い」など、具体的な授業風景や、実際の生徒の「答え」(個人的には「回答」だと思うけど)も示されており、授業がイメージしやすくなっています。

 ここで注目すべきポイントは、実践の一部が中等教育学校の前期課程、つまり中学生の歴史的分野を利用して授業の具体案を提示していることです。

 これは、現状三度やる歴史の授業の中で、実は、中学校の歴史的分野が、内容的にも、カリキュラム的にも、歴史総合とかぶる部分が多いことを間接的に示唆しています。

 そうなってくると、歴史総合でやる内容は、ぶっちゃけ中学校でもできちゃうわけで、だからこそ、歴史的分野と歴史総合は何が違うのか、をはっきりと選別する必要があると思います。

 ただし、教える内容・事実の量では絶対にあってはいけない。

 個人的に歴史総合は、「世界史の視点から」構成されるべきであると思うし、そうでなければ、ぶっちゃけ中学の歴史と変わらないじゃん、ということになります。

 でも自分は、世界史は専門ではないので、どうしてもその視点で授業をすることはできない。そうした日本史マターの人が、どうやって世界史的視野でやっていくことができるのか、その辺りを1年かけて学んでいきたいと思います。

 

 さしあたって現在、社会科の費用で買った下の漫画を読みながら、勉強しています。この本を読むと、やっぱり日本史の描き方が全然違うことが分かります。

 (特に、第二次世界大戦が、20世紀的な超国家構想VS19世紀的な植民地拡張主義の国同士の対立なんだ、というのは、世界史を見ないと分からないことですよね。マンガでその辺りがある程度、理解できるようになっています。また、19世紀後半に近代化していった日本を、中国や東南アジアといった国々がどうとらえていたか、その辺りも世界史から見ると、日本の見方がガラッと変わりますよね)

 

角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 全20巻定番セット
 

 

3月に買った本

 

地理授業づくり入門: 中学校社会科での実践を基に

地理授業づくり入門: 中学校社会科での実践を基に

 

 

 

 

 今月の研究会で、地理教育の実践報告をしました。その時に活用した2冊の本です。荒井先生の本は、4月から始まる学習指導要領の骨子と、それをふまえた先生自身の実践例がふんだんに載せられているのがおススメです。

 吉水先生の本は、中学の先生の多くが地理に苦手意識をもっているところから始まり、岩田一彦先生の「見方・考え方」に基づいた授業デザインについて述べられています。

 古典的かもしれませんが、吉水先生のいう地理授業を意識して実践していくことが、地理を「面白く」「楽しく」させ、「わかる」授業へとしていくのだと思っています。

 個人的に自分の地理授業は、森分先生や岩田先生のいう、科学的探求主義や、社会の見方・考え方を育成するための地理授業、ということを常に意識して作っています。それが今年の生徒には伝わったらしく、半分以上の生徒が、「地理=暗記科目」という学習観を克服した、とアンケートで答えてくれました。

 

 

 個人的には、地理だから地理の勉強をしなきゃ、と仰々しくとらえず、自分の専門(歴史とか政治、経済)から地理へアプローチすることが地理を面白くする秘訣だと思っています。(地理学のジャンルに、歴史地理学や経済地理学とありますから)

 そんなことを意識して、報告させていただきました。

2月に買った本②

 

  実際の授業を考える上での発問スキルが丁寧に載っています。おすすめ

 

 

高校社会「地理総合」の授業を創る

高校社会「地理総合」の授業を創る

  • 作者:井田 仁康
  • 発売日: 2021/01/28
  • メディア: 単行本
 

  こっちは参考にしつつ、個人的には社会科地理の立場なので、ここにプラスアルファしたい。

 

  磯田さんのエピソードが特におすすめ。あとは、半藤さんから見る、それぞれの人物評がおすすめ。

 

 

  これはすごい。20世紀の民主主義の歴史が整理されている。社会科教育を考える上では丁寧に読まないと。

 

 

  教材研究のために購入。

 

 

  こちらも教材研究のために。江戸時代から現在までのアイヌの歴史が丁寧に描かれている。特に、アイヌの「カムイ(神)」の発想で、和人とも共存していこうという姿勢が見られている所がとてもよく、近代の日本人たちが移住していく過程で、そうした共存という親切につけこんで領域拡張しているんだな、っていうのが感じられる。

 アイヌからしてみれば、文化変容であり、日本人からしてみれば同化である。アイヌは、調べれば調べるほど奥が深い。かつ、実は民族の問題を内包している。そんなことを感じながら授業づくりをしました。